G線上のありゃりゃ?

この、美しいクラシックの名曲、ほんの20年前まで曲名をしらなかったんですよ。

古くは、小学校の卒業式のとき。
講堂で「ぼくたちの、、、わたしたちの、、、楽しかった、運動会!」とかをやって、一人一人、先生から名前を呼ばれた時のバックで流れていたのがこの曲でした。

音楽の授業でこの曲を聞いた事はあったので知っていたのですが、曲名までは興味がなかった。いい曲だなとは思っていたんですね。そして3年後、中学の卒業式でもこの曲がバックで流れていたんですが、もちろん曲名知らず。

 

その後、何十年か経ち、就職し、いろんなイベント式典やお通夜告別式なんかに参列する機会があり、けっこうな頻度で会場内に流れていたのがこの曲。その時も「あ、この曲や。」とは思うものの、曲名を調べようとまでは真剣に思わず、そのまま。

20年ほど前。パチンコでちょこっと勝ち、いつもなら「スイベル」や「文鎮」に交換し、未亡人福祉協会経由でお金に換金するんですが、そのパチンコ屋、景品に「クラシック名曲CD」を30種類ほど揃えていたんですね。

 

オイラは
「あっ、あの曲、曲名知らんけど、適当に有名どころのCDを選んだら、あの曲にあたるかも??」
と思い、適当に2枚選んで景品としました。

家に帰って聞くと
「違うやんけ!」

そうなると、意地になるんですよね。
そのパチンコ屋に頻繁に通い詰めましたよ。で、勝たないとCDと交換する事できないですからね。そういう状況でパチンコすると、これがなかなか勝てないんですね。

曲名を知ってれば、パチンコなんかしないでCD屋で買ったほうが早いし安いんですけどね。

 

で、トータルで8枚目くらいのCDだったでしょうか?
バッハの名曲集みたいなタイトルのCDがあり、それを持って家に帰り、聞くと、、、
「これや〜〜〜〜!!!これこれ!バッハの曲やったんか!!」

 

今でも時々、早朝ウォーキング時なんか、iPodで繰り返し再生ヘビーローテーションしてますよ。
ウォーキング時に聞くと、ちょっとおごそかすぎて、ピッチが上がらないんですけどね。

コメントは受け付けていません。


Top