占いやおみくじについて


デスクトップでYahooのトップページにアクセスすると、右サイドの中程に「地域の天気、列車の運行状況、今日の運勢」等が表示されています。オイラは、運勢や占いの類いは、全く信じていません。

オイラは、何を隠そう双子座なんですが、、、。
4月14日の双子座の運勢は「64点」と表示されてました。

64点て、何やねん。細かすぎるやないか!!
60点とか70点とかではなく、64点かい!
65点でもなく64点かい!その根拠は何やねん。 続きを読む

ちょっと、、、ひと休み


ここ数日、あたたたた・・・暖かすぎる日が続いていましたが、ちょっとひと休みで昨日の夜から雨。気温も10度ほど下がって、オーサカ市内の午後3時の気温は10度。

オイラは、勝手に「神」と崇め奉っているお方が2人おられるんですが、そのうちのお一人の吉田拓郎大先生の「春だったね」。春と言えば、オイラにとってはこの曲のイメージが強いです。
1972年に発売された「元気です」というLPの一発目に収録されているのが、この「春だったね」。
続きを読む

びびった、ロト6

いやいやいや〜

ロト6ですよ、ロト6。

オイラ、ジャンボ系の宝くじは、買うのをやめたんですが
ロト6は買っているんです。 続きを読む

セミが鳴いたら梅雨明け


いやいやいや〜
古来よりニッポンでは「セミが鳴いたら梅雨明け」と申しておりました。

古来って、いつからやねん?

いや、ワタクシもはっきりとは知りませんし、検索で調べる気もありませんが、
まぁ、20年以上前には確実にこの単語は知っておりました。

ここ2〜3日、梅雨の中日と言いますか、非常に真夏のような
直射日光がグサグサと突き刺さる好天でありまして、
早朝のウォーキングにも、張り合いが出ておりました。 続きを読む

BIGって、買ってますか?

いやいや〜〜〜

 
夕方、宝くじ売り場に行ったんですよ。
ええ、ロト6を買いにね。
キャリーオーバー発生中だからね。
チャンスを逃がしたらもったいないから。

 

ま、当たるわけないですけどね。

 

 

そしたら、BIGも売ってるんですよね、同じ売り場で。

ちょっと前までは、BIGは宝くじ売り場では売ってなかったはずなんですけど、
今は売ってるんですね。今日初めて気がつきましたよ。

 

BIGって、サッカーJリーグの勝ち負けを当てるクジで、
どのチームが勝つOR負けるは、コンピュータが決めるので
こちらとしては、何もする必要なし。
買う口数だけ窓口で言えばいいんですよ。

 

で、BIGって、3種類あるんですね。

まず、1等6億円が当たるBIG、
1等が1000万のBIG-1000、
1等が100万のミニBIG。

 

もちろん、どれが当たりやすいかを考えたら、、、

 

どれも当たるか〜い!

 

 

で、悩んだあげく、結局BIGは買わずに、いつものロト6にしました。
何といってもキャリーオーバー発生中だからね。

 

てか、BIGのほうも、ずーっと1等は出てないので、キャリーオーバー中なんですけど。

 

 

 

BIGの小冊子もらってきました。
もし6億当たったらどうしよう、、、がいっぱい書いてます。

 

 

次買う時は、BIGにしようっと。

僭越ですが・・・

オイラもタバコをやめて1年以上経過してますし、
ついこの前まで、アメをなめまくっていましたので……その…………
オイラでよければ……ぁ\(//∇//)\

 

 

毎朝のウォーキング時に、ポッドキャストを聞いているんでつ。
もう、いろんな番組を片っ端から聞いているんです。

 

お気に入りのひとつに「赤江珠緒のたまむすび」という、
TBSラジオで月〜金の昼2時間のラジオ番組がありまして、
まぁ、これは関東圏だけでしか流れてないんですけど、
そこはポッドキャストのいいところで、
ネットでDLするので、どこでも聞けるんです。

 

 

その「赤江珠緒のたまむすび」のコーナーで
リスナーからの「○○○を探して欲しい」にスタッフが応える、、、
というのがあるんです。

 

 

それを聞いていて、ふと、遠い昔の記憶がよみがえってまいりまして。。。

 

その遠い記憶とは、
漫画の記憶なんですけど、、、

 

中学の夏休みだったと思います。

少年マガジンとか少年サンデーとかは、週刊と月刊が発行されていて
文字通り月刊は月1発行で、本の厚みも分厚く、
掲載されている漫画は1話完結の読み切りものが多かったんですね。

その、月刊誌の中に、ビッグ錠先生・牛次郎先生のゴールデンコンビによる
漫画が掲載されていたんです。

 

ビッグ錠・牛次郎の両先生の漫画といえば
「釘師サブやん」「包丁人味平」が大変に有名ですが、
この月刊誌に掲載されていたのは、ちょっとSFっぽい漫画だったんです。

 

↓これは、ご存知「包丁人味平」

 

 

 

あらすじは、、、

 

主人公の少年(男の子、小学生)は、ある雷雨の夜、なかなか寝られなかった。
そこに、雷の大きな音。自宅に落ちたらしい。
様子を見に、2階の部屋に上がると、テレビがボゥッと写っていた。

 

「家の人が消し忘れたんだな」

そう思い、テレビを消そうとしたら、ブラウン管の中の初老の男が
主人公の名前を読んでいるではないか。

 

「お、おじさん、誰?なんで僕の名前を知ってるの?」

「私はキミなんだよ。キミの未来の姿なんだよ。雷が落ちたせいで
何10年もの時空をこえて繫がったらしい。」

「ほ、ホントにおじさんは僕なの?僕の未来の姿なの?」

「そうだよ。で、どうしてもキミに伝えたい事があるんだ。」

「なに?どういう事?」

「それは、きみはこれ・・・・・ガガ・・・ピ・・プツン」

 

大事な事を聞かずして、電波は途絶えてしまったんです。

 

 

それから、数日間、少年はあの雷の夜の出来事をずっと考えていた。
あれは夢だったんだろうか?
親に言ってもマトモに相手にされず、自分でもやっぱり夢だったのかと
思うようになっていた。

 

 

え〜っと、、、
長くなりそうなので、続きは明日書きます。

 

 

ちなみに、Wikiで探したんですけど、漫画のタイトルがわかりませんでした。
1972年〜1974年頃に掲載された漫画なんですけど。

 

読み切りの単発ものなので、Wikiでも載ってないのかも?
あ〜、どうしてももう一度読みたい〜〜!

セローの白バイかっこいい❤︎

いやいやいやぁ〜今日は暖かいを通り越して暑い位ですた。
 
 
 
そりゃーサクラも開く事だべさ*\(^o^)/*
 
 
 
世間様では年度末を迎えますね。
道路も気のせいか混んでますよん。昨日は分けあって原チャ通勤をしたんですが、見事に渋滞にはまり片道二時間も掛かってしまいますた。
 
 
 
いやいや久しぶりに原チャ通勤したら、疲れたのなんの。布団に横になったらすぐ落ちてしまった様でした。
 
 
 
それが‼︎
朝迄二回位目が覚めたんですが、覚めて直ぐまた眠ると、さっき迄見ていた夢の続きを見るという不思議な睡眠でした。
 
 
 
夢の内容は、、、モグが病院に務めてまして、患者さんを見てるんです。皆が嫌がる下痢や吐瀉物の処理なんかを率先してやってる内に回りから認められ、皆が協力してくれる、、、みたいな。
 
で、Dr.役に綾野剛さんが出て来てました。綾野剛さんがモグを気にしていて、すれ違った後もモグをジーっと目で追って釘付け、、、みたいな。
 
で、場所は京都市内なんです。
何人かは知り合いも出て来て、ちょいリアルだったり、、、みたいな。
 
そんな夢でしたぁ〜(≧∇≦)たはは
 
ちなみに、モグは綾野剛さんはタイプではないはずなんですが、何故夢に出てきたのか謎です。(≧∇≦)たはは
 
 
 
 
 
 
話変わりますが、Twitterのタイムラインで見かけました。
警視庁広報課のTwitterです。
 
 
 
@MPD_koho: 【実施結果】本日3月25日、警視庁夢の島総合訓練場において、新たに各交通機動隊に配備された「災害対策用オフロード白バイ」の配車式及び走行訓練を実施しました。写真は、同オフロード白バイの写真です。

20140325-223637.jpg

警視庁広報課Twitter

警視庁広報課Twitter②

 
モグはバイクの免許取得を諦めましたが、YAMAHAのセローが昔から一番好きなバイクなんです。
実にかっこいいですね!
災害は起きて欲しくはありませんが、いざと言う時には活躍してもらえるといいなぁと思います。

地震 大丈夫でしたか?


朝起きてニュースを見たら、中国地方で震度5強の地震が起きたとやっていてびっくりしました。こちら関東は全く揺れなかったし夜中だから気がつきませんでした。
 
 
 
深海に住んでる龍宮の使いが沢山現れたり、ダイオウイカが現れたり……地震の前触れだったりするんでしょうか?
いたずらに不安を煽る書き込みは良くないと思いますが、単純に関連があるのかと素人考えで思ってしまった。
 
 
 
夕べ、丁度『Dr.Dマット』を見たんですね。内容は西奥多摩を震源とした大地震が起きて、災害救助にあたる話しだったんです。多分、本当の災害が起きたらテレビの中より更に緊迫した状態なんだと思いましたけど…実際災害が起きたら何ができるのか?何をしたら良いのか?と思ってしまいました。
 
 
 
Twitterのフォロワーさんで中国地方に住んでる方がいます。その方ケアマネージャーをされている方なんですが、地震の直後のツイートを見てみたら、『これから担当利用者さんの安否確認してきます。』ってありました。
 
 
 
その方は施設のケアマネージャーじゃなく在宅のケアマネージャーだから利用者さんは一人暮らしや老夫婦世帯なんじゃないかと思います。
 
 
 
かなり強い揺れだったみたいなので、具合が悪くなったり怪我していないか、またはパニックになっていないか…一件一件電話をしたのか、個人宅を訪問したのか、詳細は分かりませんが確認されたんだと思います。
 
 
 
真夜中なのに躊躇う事なく安否確認に行くなんて凄いと思う。
 
 
 
その心構え、行動力、見習いたいと思います。
 
 
 
 
 
 
あ、それからそれから‼︎
今マレーシアの飛行機が行方不明になっていますが、本当に不思議な出来事ですね。各局メディアがコメンテェーターを交えて検証しコメントを出して居ますが、バミューダトライアルみたいとか宇宙人に捕まったんじゃないかと、またまた、素人考えで思ってしまいますが…早く見つかる事願っております。
 
 
 
小学1.2年生の頃、世界で起きた爆破事件や飛行機事故などのニュースを見て不思議に思って親に聞いた事があります。
 
 
 
『なんで、にほんじんは いませんでした。にほんじんは ぶじでしたって、いちばんさきに、にほんじんのことばかりいうの?』
 
 
 
当時、小さいながらも、将来は国際ボランティア(飢餓で大変な思いをしている子供達のドキュメンタリーを見てから)の仕事に就きたいと思っていました。だから、『日本人が、日本人が』って自分達の事ばかりを言うのが納得できなかったんですね。ただ単純に感覚的な事なんですがね。
 
 
 
ちなみに、国際ボランティア活動に就きたい夢は大学卒業してからもしばらく諦めきれませんでした。青年海外協力隊の説明会に行ったり、NYタイムズを買って求人みたり、国際ボランティア団体の求人を見に行ったりもしてました。
 
 
 
が、しかし、英語が喋れないんです〜(T ^ T)
 
英検3級じゃダメでしょ〜(T ^ T)
 
語学学校にも通いましたが、一向に上達せず(T ^ T)
 
 
 
 
もし、生まれ変わったら、お医者さんか看護師さんになり、海外ボランティアに参加した〜い (*´∇`*)


Top