おかぁちゃんは、本当に大変。

ちょっと前の雨の日、2〜3歳ぐらいの子どもを前後に乗せた若いおかぁちゃんが、自転車でスーパーの駐輪場で悪戦苦闘。

雨が降ってたので、前後のチャイルドシートには、雨用のカバーで完全防備。さらにこの時期なので、防寒着でモッコモコ状態、プラス、マスク着用。おかぁちゃんのほうも、上下をカッパで身を包み、さらにマスク着用。 続きを読む

クレしんとか、ドラえもんとか、、

もうすぐ夏休み。
最近は、夏休みの長さも、地域や学校によって様々。
短いところでは、2週間程度のところもあるそうです。

夏休みと言えば、やっぱり7月の25日から8月31日まで。
これがオイラの時代の定番でした。
小学校から高校までの12年間、
桃栗3年・柿8年、、6・3・3で12年、、ずっとこの日程でした。 続きを読む

子供の騒音

いやいやいや〜〜

朝から子供の遊んでいる声が響いてると思ったら、、、
春休みなんですね。

小学校の女の子が、家の前で縄跳びとかバドミントンとか
キャッキャいいながらやってるのは、
見ていて癒されますよね。いい光景です。 続きを読む

今日は暑かったけど、、、

どーん。

今朝の太陽です。5時半ごろの写真です。

 

2〜3日前の雨のせいで、朝晩はかなり気温が下がってきましたが
日中は暑かったですね〜。

 

でも、からっと爽やかでした。
直射日光ギラギラでしたけど、からっと爽やか。
う〜ん、この感じ、いいですね。
10数年前に行ったスペインの感じを思い出します。

 

てか、自慢かよ。。。

 

 

今日は、午後から外出してたんですが、
中学校とか高校とか、もう2学期が始まっているんですね。
まだ8月なのに、かわいそうですね。

 

 

オイラが小中高の頃は、夏休みは7月25日から8月31日まで。

 

夏休みの宿題は、8月中旬すぎてから取りかかってましたね。
で、それぞれの科目の2学期の最初の授業日に提出するので、
科目によっては、提出日が9月5日頃になるんですね。

 

つー事は、極端な話、9月に入ってから始めても、間に合うわけでして。
適当にささっと手早く仕上げましたよ。

 

ただ、図画工作系の宿題は、力を注いでいましたからねー。
もう、夏休みに入ったらスグに取りかかってました。

 

その甲斐あって、小学6年の時に作った「動くおもちゃ」は県の展覧会でも賞を取り、
全国の展覧会まで出品されてました。えっへん。

 

 

まぁ、賞を取るにはコツがあって、
板を切ったり釘で打ったりして作っていくわけですが、
その中に日用品を少し混ぜていく事ですね。

 

例えば、材木屋で買ってきた板だけで作るのではなく、
かまぼこの板を混ぜて作るとか、
カップのアイスクリームの容器をうまく利用するとかですね。

それも、あまり貧乏臭くならないように使用しないとダメですけど。

 

 

大人になってからは、賞はさっぱりですね。
てか、リーマンデザ時代は「消費者のためになった広告コンクール」とか
いくつか賞は取りましたが、ほとんど代理店の力というか、媒体の力で受賞してましたから。

 

朝○広告賞や毎日広○賞などは、その新聞の全国版に、一定量以上の広告を出稿した企業のみが
対象となってるんですよね。

 

 

当時は、新聞広告はグラフィックデザインの花形満でしたからね〜。

 

今はどうなんでっしゃろ?
やっぱり新聞広告が花形でっしゃろか???

左門豊作は?

寝違えた!

息子が小さい頃は、
正月にカードゲームとかはあまりしませんでした。
では、正月には何をしてたかと言えば、、、

 

まず、テレビゲームでしたね。
当時のプレステ系のゲームだと、対戦型ゲームでは
クラッシュバンデグーやみんなのゴルフでしたね。
特にクラッシュバンデグーでは、攻略本買ってきて
必死で最高点を目指しましたよ。

 

あと、忘れちゃならないのが、ファイナルファンタジーですね。
このゲームは対戦型ではなかったので、それぞれでメモリーカードに
進捗を保存しつつ、息子に負けないように必死で経験値をためていきましたよ。
でも、やっぱりこういうゲームは、子供のほうが早いですね。
いつの間にか先を越されてましたよ。うぐぐg

 

テレビゲーム以外では、ミニ四駆などもやり倒しましたね。
当時、メチャ流行ってましたからね。
あれのいいところは、パーツをバラで買ってきてチューンナップできるところ。
モーターやギヤ、タイヤ、電池ボックスに至るまでものすごい種類があって、
それぞれ組み合わせてコースに合わせたマシンを作る事が出来るんですよね。

 

もう、朝から晩まで息子と競争してましたよ。

 

図画工作がきわめて苦手だった息子は、
ミニ四駆の改造だけは嬉々としてやっていて、それが高じたのか、
今では電子回路の開発設計の道に進んでいきましたが。

 

 

 

 

今朝、起きるとですね、、、、
背中の右のほうが筋肉痛いうか、鈍痛というか、
普通にしてたら何もないんですが、右のほうにひねったりするとイテテテなんですよね。

ショルダーバッグを右肩にかける仕草をするときなんか、
「うっ!」って、思わず声が漏れてしまいますよ。

風邪も、相変わらず全然ひどくはないんですが、
長引きそうな感じですね。

 

なんだかなぁ〜

夏の野外コンサートは盛り上がるねー♪

こヾ(^o^-) ん(o^ー^)o ばo(^0^o*) ん(o^-^)ヾわ(*^〇^*)ノ”

今日も、蒸し蒸し暑かった。

毎日、毎日、僕らは鉄板の〜上で焼かれてやんなっちゃうよ〜♪の、たい焼き君じゃないけど、そんな感じ。日焼けに気を付けてても、何故か真っ黒…もう、やんなっちうよ〜♪w☀

関西いいなぁ♪
朝から晩まで遊んでも怒られないってー⁉お菓子山盛りだってー⁉子どもにとっては、楽しい一日ですね。

モグの住んでた村にはなかったずらw 子供会活動は盛んだったし、夏祭りはあったけど、お菓子なんて貰えまへんがなぁ〜。あ、でも、ラジオ体操に参加すると、毎回、10円かな?20円かな?50円……まぁ、駄菓子屋さんのみで使える手書きの金券wが貰えたから、毎日元気に参加してましたーヾ(*´▽`*)ノ

大人になっての、夏のイベント!
やっぱ、野外コンサートかなー♪

最近は行けてないけど、昔は、渡辺美里さんや、佐野元春さん、浜田省吾さん、ロックフェス等々…最近っても、ちょい前か…SMAPも行きましたよー♪

夏のライブイベントは、蒸し蒸して、かなり体力消耗するんだけど、何か盛り上がるんですよね〜♪雨なんか降った日にゃ〜一気に連帯感が湧きますねヾ(*´▽`*)ノ花火がなったり、水掛け合ったり… もう、野外サイコー♪

それから、数年間、ほぼ毎年夏に行っていたイベントがあるんです。
それは、青山劇場で行われていた少年隊の「PLAYZONE」です。

デビューの翌年1986年〜2008年まで、少年隊主演で上演されていたミュージカルですが、少年隊主演の「PLAY ZONE」はもう終わってしまいました。翌年以降は「PLAY ZONE」という名前は残し、後輩(タキ翼とか)に受け継がれて上演しているみたいですね。

何回目から、行き始めたか忘れましたが、最期のミュージカルは見に行きました。高校の友達が少年隊のファンクラブに、入ってまして、チケットを取ってくれてたんですね〜。だから、確実に行けてましたv

ミュージカルの一番盛り上がるのは最期のコンサートみたいになるところ。全員、スタンドアップです!特に「仮面舞踏会」や「君だけに」を歌ってくれる時は、超盛り上がったかなぁ…
あと、ジャニーズJrがバックダンサーとして出て居たので、青田買いではありませんが、可愛いJrを楽しめましたw

http://www.youtube.com/watch?v=jplX2RLvmN4&feature=youtube_gdata_player

ちなみに、モグはニッキ(錦織一清)ファンでしたー♡

そうです、地蔵盆です。

いやいやいや~~、
お盆を過ぎてから、暑くなってきましたねー。

確か、記録的な猛暑と言われた2010夏も
お盆を過ぎてからの残暑が激しかったんですよね。

 

 

そうそう、地蔵盆は、関西に住んでる子供にとっては
夏休み後半の最大のイベントなんですよね。
っていっても、今のようにゲームだパソコンだっていう時代には、
あまり子供たちにとっては楽しいイベントではないような気もしますが。

関西にはお地蔵さんがいたるところに祀られているんですよね。
それこそ、町内会ごとにお地蔵さんが祀られていて、
そこの町内に住んでいる子供たちが年に一度主役になる日、
それが8月23日の地蔵盆なんです。

「子供は町内の宝。みんなで大事に育てる」
そういう意味があるようですね。

だから、この日は子供は何をしても怒られないw
てか、悪いことすれば怒られますが、
夜遅くまでお地蔵さんの前でゲームとかしてても大丈夫でしたからね。

この日は、朝から集会所に行き、
(オイラの子供の頃は、お地蔵さんが祀ってある場所は町内の集会所も兼ねていた)
近所の子らとゲームして遊んだりスイカ食ったり、夜は花火したりして
朝から晩までキャーキャー騒いでましたよ。

 

あと、お地蔵さんへのお供え物が、23日に各子供に分配されるんですよね。
それも、半端ない量w 小さめのダンボール山盛りのお菓子が
子供ひとりひとりに配られるんです。もう、最高な気分でしたね。

当時のお菓子なので、そんなに大したものではないんですが、
麩菓子やラムネ菓子、あたり前田のクラッカーや源氏パイ、ココナッツサブレ、
アーモンドキャラメル、ビスコ、ベビースターラーメン等ゞ。

人気のお菓子は「森永のチョコボール」でしたね。
そうです、おもちゃの缶詰が当たるやつ。
お地蔵さんの前にダンボールごとお供えされてるのを見て
「必ずこの中に1つ以上は金のエンゼルがはいっているはず」
なんて勝手に想像して、ワクワクしてました。

でも結局、町内でおもちゃの缶詰をあてた奴は出てきませんでしたが。

 

 

※おもちゃの缶詰は、その後中学になってから

友達が持っていた銀のエンゼル4枚に、オイラが持っていた銀1枚を足して応募しました。

今の缶詰は丸いカプセル状になっているようですが、当時は、本当に缶詰になっていて、
森永から缶詰が届いたその日、ワクワクしながら缶切りで丁寧に開けた思い出があります。

中に入っていたおもちゃは、、、、、

ただ、缶詰が送られてきた時は、もう興奮ものでしたね。

 

 

地蔵盆は「子供のお祭り」ということもあり、対象は小学生まで。中学になった途端に、お菓子の分配はなくなりました。


Top