AIスピーカー(スマートスピーカー)は流行るのか?


去年の後半あたりからAI内蔵の音声対応スピーカー、いわゆる「スマートスピーカー」が話題になってます。

このスマートスピーカーとはどんなものか?といえば、音声で命令すれば、無線対応している家電を操作してくれる、スピーカー装置を供えたモノの事です。

 

iPhoneやアンドロ井戸スマホで「へい!尻」とか「オッケーグーグル!」とか言った後に
「今何時?」「尻、結婚してくれ」「ここはどこ?私は誰?」とか言うと、iPhoneの場合は音声で答えてくれるし、アンドロ井戸はそれに対応したWebサイトを検索結果で表示してくれる、AI(人工知能)対応のシステムがあります。
スマートスピーカーはそれの据置き型で、Wi-fi対応している家電と連携して音声で動かしてくれるスピーカーの事です。

Gppgleやamazon、apple、LINE、SONYなどから発売されています。

 

オイラは、まだまだ必要ではないですけどね。

まだまだ必要ではない理由として、、、
1)音声で「テレビつけて」「電気つけて」とかいうより、スイッチとかリモコンとかで操作したほうが早いし確実。
2)音声で動かすために、わざわざそれ対応の家電を買うのがバカらしい。
3)慣れてしまうと、テレビのつけ方とか照明のつけ方とか忘れそう。

・・・とかの理由があるんですが、もっと大きな、一番重大な理由として、
「オッケーグーグル」とか「ヘイシリ」とか、わざわざ言わすな、ボケ!というのがホンネです。

 

日本人が「オッケーグーグル」とか「ヘイシリ」とか、西洋かぶれした言葉を言うわけないやろが!!!こっぱずかしいわ!!

「おい!」とか「あのぅ〜〜」とか「あ、ちょっとすいませんけど」とか、普段日常会話で使ってる言葉がトリガーになってるならまだ自然に話しかけられると思うんですけど。
この点、どうにかならないもんですかね。

それに、AIに話しかけるのって、やたらと緊張するんですわ。
言葉使いが、なぜか丁寧語&標準語になるんですよね。
もっと気軽に、大阪弁でタメ口で話せるようにしろ!

スマホにすら、こういう卑屈な対応なので、もしスマートスピーカーを家に設置したら、完全に下僕になると思うんですよね。
AIに支配されてしまうと思うんですよね。

 

例えば、こんな感じに。
「オッケーグーグル」
「はい、マラドーナさん、ご用件は何でしょうか?」
「テレビをつけてください。」
「つけました」
「4チャンネルにしてください」
「言葉が聞き取れません」
「よ.ん.ちゃ.ん.ね.る」
「言葉が聞き取れません」
「よ・ん・ちゃ・ん・ね・る・・・」
「出来ませんでした。リモコンで操作してください」
「はい、グーグルさんありがとうございました」
「お役に立ててうれしいです」

なんか、よそよそしいですよね。
それに、命令しているようで、スマートスピーカーにいいように使われてますからね。

 

どうせなら「ジャイアントロボ」とか「テクマクマヤコン」とかいう言葉がトリガーのほうが、流行るような気がする。

 

なので、オイラにはまだ必要ない。
スマホに話しかけて、近い将来のAIに支配される世の中を想像しながら会話のスキルを磨きますよ。

 

で、このAIスピーカー、値段はどのくらいやねん?と、各メーカーのサイトを見に行ったんですけど、

ある大手コミュニケーションアプリのサイトは閉鎖されてるし、某大手家電メーカーのサイトは価格が「オープン価格」としか書いてないし、全くもって不親切な対応ですよね。

コメントは受け付けていません。


Top