粉瘤手術の詳細、その3

一昨日・昨日に続き、粉瘤手術はどんな様子だったかを、書ける範囲で書く第3弾。

麻酔を、まるで居酒屋で生中(関東では中生)を追加するように、激痛が走るたびにあっちに1本・こっちに1本、、、と追加してもらい、ほとんど痛みを感じない中、手術をしてもらいました。

ドクターからは「ちょっと痛みに弱すぎですね」とも言われましたが、とんでもない。この状況は“歯を食いしばって耐える”時ではないですからね。根性の使いどころを間違えないようにしたいです。 続きを読む


Top