懐かしのセカンドライフ

10年以上前に「SecondLife」という、インターネット上の仮想空間が一大ブームになってたのを覚えておられるでしょうか?

ログイン者はアバターを通して会話し、モノを作ったり売ったり買ったり、土地(スペース)を売ったり買ったりして、実際にそこに生活してるかのように楽しむ事ができた仕組み。

電通や博報堂などの広告代理店も大挙参入し、トヨタや日産などの一流企業もSIM(サーバ)ごと借り切って大金を投入して販促活動をガンガンに行っていました。日本でブームになったのは2007年の春先。夏には日本語対応化も進み、一気に参入者が増えました。 続きを読む


Top