公園の清掃作業


昨日の日曜日は、近くの公園の清掃作業日でした。
町内会に、いくつかの班があって、その班ごとに公園の掃き掃除、高速高架下の歩道の掃き掃除などが、年に3〜4度ほど回ってくるんですよ。

「次の日曜日、○○公園の清掃をしますので、ご協力おねがいします」との告知が班長から回覧板で回ってきますので、普段、町内会に対しては何の貢献もしていないオイラんちは、掃除くらいは出来るだけ参加しようと思っているんです。

 

公園内、サクラの木が4〜5本ありますので、この時期だと花びらの掃除ですね。秋の時期だと、落ち葉の掃除。


だいたい、ほうきとちり取りで済む掃除のみの作業です。
除草(草刈り)などは、刃物や器具を扱うため町内会ではやらず、市の公園課の作業となります。

 

花びらの掃き掃除、けっこう腰に来ますね。
時間にすると約30分の作業だったんですが、普段、ほうきなんて使ってないですからね。しかも、満開を過ぎて散りはじめの時期。履いても履いてもヒラヒラと花びらが舞ってくるんですよね。

町内の各班の持ち回りなので、だいたい2〜3週間に1回は、どこかの班が公園の掃除を行っているので、ゴミもそんなに落ちていない、小ぎれいな公園なんですが、たまにこの地区の住民ではない不届き者がペットボトルや紙くずを捨てているんですよ。
この公園、ポケモンGOのポケストップにもなってますから、どこかの中年親父がポケモンGOやりながらポイ捨てしていくんでしょうけどね。

また、最近では珍しい「電話ボックス」が置いてありますから、ボックス周辺にはタバコの吸い殻がよく落ちているんですよね。

オイラも昔、ヘビースモーカーだった頃は、電話しながら吸い殻を捨てたりしてましたから、、、。今さらですが、反省します。

回覧板で回ってきた人が掃除してたんですよね。申し訳ありませんでした。

 

次に回ってくるのは、おそらく6月頃。その次は10月頃。
年末年始には“火の用心”を叫びながら町内を練り歩く行事もありますが、それには遠慮させてもらってます。。。

代わりに、秘かに家の中で「屁の用心」を念じています。

コメントは受け付けていません。


Top