9月29日23時23分、バルス祭り

昨晩は、一斉ツイート祭りの定番「天空の城ラピュタ」が放送されましたね。

当初は2chで、アニメのセリフと同時に「バルス」とカキコするのが流行っていたそうです。それがTwitterが普及すると、舞台がツイッター上に移っていき、2011年の「天空の城ラピュタ」放送時には、Twitter社内で「サイバー攻撃が起こった??」と話題になったぐらい、異常な数のツイートが投稿されたそうです。

 

前回・2016年1月15日の放送時には、午後11時23分の1分間に34万5397件のツイートが記録され、これは、短時間でのツイートの世界新記録だったそうで、これだけ瞬間的に多くのツイートが流れてもサーバが落ちなかったという事で、ツイッターは賞賛を集めてました。

企業の公式アカウントとして有名な「タニタ」と「シャープ」も、前回時にいろいろと「バルス」ツイートに挑んだようですが、今回も楽しいネタでタイムライン上を沸かせていました。

 

また、他の企業の公式アカウントも、独自のネタで「バルス」祭りに参加していました。

リカちゃんは、女の子らしく♡マークで締めたり。。。
ロート製薬は、目を痛めたムスカに自社製品をすすめたり。。。
トヨタは独自の復活の呪文を唱えたり。。。
マクドは「バルス」ではなく「バンズ」と叫んだり。。。
虚構新聞社は、こないだのJアラートとホリエモンのネタをパロったり。。。
イニエスタBOTは、「バルサ」(FCバルセロナの愛称)を叫んだり。。。
一般の人は「バルス」と言いながら、それバースやんけ!!!

他にも「バルドス」とか「バルサン」とか、もういろんな呪文が乱立してて、非常に楽しませてもらいました。

 

ちなみに、オイラも僭越ながら普通に「バルス!!」をツイートさせていただきました。
で、今回・2017年9月29日午後11時23分・1分間のツイート数は23万7295件。
前回よりも減りましたが、それでもものすごい数には違いない。

 

このような、みんなが盛り上がってるところに企業アカウントがうまく絡んでいくというのが、既存の媒体とは違ったSNSの販促手法のひとつだと思った次第でありまして、、、。

祭りに絡んだ企業アカウント、おしなべてイメージアップしてるしね。
とにかく、一般と企業との一体感が生まれますよね、間違いなく。

ウマくやらないと難しいけどね。

知らんけど。。。

 

最後に、Siriちゃんも盛り上がってました。

コメントは受け付けていません。


Top