運動会日和

いやいやいや〜〜〜

 

「日和」とかいて「ひより」「びより」と読む。
そのココロは?

 

 

デジタル大辞泉の解説によると、

ひ‐より【日‐和】

1 空模様。天気。「―をうかがう」
2 晴れたよい天気。晴天。また、なにかをするのに、ちょうどよい天気。
「待てば海路の―あり」「小春―」「行楽―」
3 物事の成り行き。雲行き。形勢。「―を見る」
4 「日和下駄」の略。

 

ん?「日和下駄」ってなんだんねん?

 

再びデジタル大辞泉の解説によると、

ひより‐げた【日‐和下▽駄】

歯の低い差し歯下駄。主に晴天の日に履く。

 

 

ん?「差し歯下駄」って、なんだっしゃろか?

 

今度はWikiによると、、、
一つの木から台と歯を作るものを、連歯下駄(俗称くりぬき)、
別に作った歯を台に取り付けるのを差し歯下駄という。

だそうです。

 

 

下駄なんて、小学校以来履いてないもんな〜。
初めて知りましたよ。

 

 

んで、昨日の日曜日は、近くの小学校で運動会が、
その1日前の土曜日には、近くの中学校で運動会が開催されていました。

 

天気も非常に良く、空気もカラっとしてて、まさに運動会日和でした。

 

日曜日の早朝、ウォーキングで小学校の前を通りがかったら、
場所取りのお父ちゃんたちが校門の前で並んでましたがな。

 

 

なつかしいでんなぁ〜。

 

オイラも、息子が小学生のときは、5時過ぎに起きてシート持って
校門に並びましたがな。

 

 

てか、手ぶらじゃあれなので、
コンビニで缶ビール4〜5本買ってポテチやスルメも買って。

 

門が開いたら、息子の学年の場所の後ろにシート広げて、
「ここはオイラの場所〜」宣言をするんですわ。

 

10月上旬の早朝は寒いですからね。
冷えたビールぐびぐび飲んで、当時はウォークマンかCDウォークマンを
震えながら聞いて時間をつぶすんですよね。
あ、ゲームボーイなんかも持ち込んでやりましたね。

 

で、運動会が始まる頃には、もうヘロヘロになってるわけですよ。
もう、フラフラの体で必死にカメラやビデオを撮影するんですわ。

もう、手ぶれでボロボロですわ。

 

昼になって、弁当食って、そうすると一気にまぶたが重くなるんですよね。
で、ちょっと横になったりして、気がついたら3時過ぎ。

 

 

終わってまんがな。。。
そして、顔半分だけ日焼けして真っ赤でんねん。

 

 

でも、こんなだらしない父ちゃん、オイラだけちゃいまっせ。
似たような父ちゃん、周りにようけいましたわ。


Top