ぱるっく

いやいやいや〜〜〜
今朝もいいオテンコでしたよ。

 

今朝のオーサカチホーの日の出時刻は6時43分。
雲の隙間から上に向かって光の筋が伸びる、いわゆる「薄明光線」が
うっすら見えたので、思わず写真を撮ってしまいました。

 

「薄明光線」って言うんですよね。こういう現象。

 

ボンヤリと「天のはしご」とか「天使の道」とかで憶えてたんですが、
「天使の道」だと、小豆島のほうに飛んで行ってしまいますからね。

 

で、昼間は日も照ってぽかぽか陽気だったんですけど
夜から明日にかけては天気が崩れ、気温も下がるようですからね。
その寒さも今週末にはおさまって、暖かくなるそうですが・・・。

まさに三寒四温ですね。

 

 

 

そんな季節の余韻に浸ってる午後、部屋の蛍光灯がチカチカし始め、
「おろっ、おろろっ」と思ってたら消えてしまったんですね。

 

予備の蛍光灯がなかったので、
チクリン商店街の家電店まで買いに行きましたよ。

 

買ったのは、近所に本社がある、世界のパナソニックの
パルックという、超有名な蛍光灯のブランド。

 

 

で、そのブランド名で急に思い出したんですけど、

2007年から4年ほど入り浸っていた3D仮想空間の「セカンドライフ」という、
SNSの立体版があるんですが、
当時、天使の輪っかや天使の羽根を着けるのが流行っていて、
オイラの女子アバターもいろんなタイプのコスを買って遊んでいたんですが、
その中に「パルック」風の天使の輪っかがあったのを思い出しましてね。

 

もう、電気屋でパルックをレジに持って行く途中から、
セカンドライフのパルックのことで頭がいっぱいになって、
一人でニヤニヤしてしまいましたよ。

周りから見たら、変態オッサンのように見えたかも?www

 

で、本物の「パルック」を買って、戻っていの一番にやった事は、
セカンドライフを起動して、自分の女子アバターを立ち上げて、
持ち物の中から「パルック」を探し出して装着すること。

 

もう、ホントに久しぶりのパルックは、どこにしまってあるのか
全く忘れていて、探すのに小1時間かかってしまいましたよ。

 

 

やっと探し当てて装着した画像がコレですw

 

これの商品名は、ひらがなで「ぱるっく」
蛍光灯らしく、本体のクリックで『点灯』『消灯』を繰り返します。
価格は確か、当時の価格(8年前)で、120リンデンドルwww

 

セカンドライフ内だけで通用する貨幣単位ですが、
日本円に直すと、約40エソほど。

 

 

てか、この手のネタグッズ、
片っ端から買っていたよなぁ〜〜w


Top