で、いよいよ決勝トーナメント

全国のにわかサッカーファンの皆さん、こんぬつわ。

 

いよいよ4年に一度の世界的イベント、
サッカーダブリュ杯の決勝トーナメントが始まります。

つーか、後半戦のスタートです。
てか、これからがメインイベントになるわけです。

 

 

日本や韓国などのアジア勢4カ国は、すべて予選敗退という結果。
しかも、計12試合あったんですが、1勝もしていないんですよね。

弱い。弱すぎる。

 

これはやばいですよね。出場枠を減らされる可能性も出てきました。
W杯あとのFIFA総会で、出場枠の見直しが行われるでしょう。
でも、しょうがないです。

 

ヨーロッパの、めっちゃ強い国がW杯に出場できていない現実。。。
それに比べ、アジア枠は4.5チームに出場枠が与えられているので、
FIFAランク62位のオーストラリアでさえ出場出来るんです。

 

なんか、高校野球の夏の地区予選に似てるような気もしますね。
参加校が少ない鳥○県の代表校と、強豪がひしめく参加校の多い神奈川の代表校では、
予選段階から、かなりの不公平感がありますもんね。

 

ぼく甲の転校先を選ぶ時にも、チーム数とか、強豪が多い少ないを考慮しますからね。
「ここのブロックは、他よりも甲子園の枠が多い」とかね。
ま、なかなか思ったようにはいかないですけどね。

 

 

 

話がそれましたが、
29日から決勝トーナメントがスタートします。

 

 

いきなり「ブラジルvsチリ」の南米対決、「コロンビアvsウルグアイ」の南米対決。

この4チームのうち、2チームが消えてしまうなんて、勿体ないような気もしますが・・・。
で、このブロックの準決勝は、おそらく「ブラジルvsドイツ」。事実上の決勝戦ですね。
もうひとつのブロックでは、アルゼンチンとオランダが出てくるでしょう。

 

ということは、決勝は「ブラジルvsアルゼンチン」。
ネイマールvsメッシ。
奇しくも、同じスペイン・バルセロナ所属の“同部屋”対決。

 

メッシがマラドーナと肩を並べるには、
W杯優勝しかないと言われているんですが、、、

はたして、結果は???

 

いや〜、盛り上がりますね〜〜。


Top