ACC賞

いやいや〜〜〜

ACC賞ですよ。

 

放送広告の健全な発展と育成を目的に1960年に発足され、その後改組、社団法人化され、
一般社団法人全日本シーエム放送連盟(通称:ACC)として年一回、優れたコマーシャルを
表彰する、いわゆるACC賞が9月末に発表されました。

 

放送広告という事なんで、テレビCM、ラジオCMなどの電波媒体ものが対象なのですが、
オイラもサラリーマンデザの頃は、この賞をめざして毎年趣向を凝らしたもんです。

 

 

作品の選出基準としては

・効果性: 理解や共感、生活への有用性

・独創性: 新鮮でユニークな表現

・倫理性: 社会倫理との整合性

等が挙げられるんですが、まぁ、斬新で思わずニヤリとするようなCMが
選ばれる傾向にあります。

決して、「そのCMのお陰で商品が爆発的に売れた」ではないんですよね。

 

 

先日、今年の受賞作のまとめサイトを見ていて、
ラジオCM部門のグランプリが、思わずニヤリというか、
少し前に話題になって、スグに放送禁止になった
ホクトの「立派なキノコ」CMを彷彿とさせるような内容だったので
引用します。

→ ワコール・ラジオCM「同じナレーション」編

 

 

うははは!
オイラ、こういうCM大好きです。

 

センスいいですよね。

 

でも、もしこれがテレビCMだったら、ホクトのCMみたいに
スグに苦情が来て放送禁止になったりするんでしょうね。
最近はこういうのって厳しいですからね。

ラジオですから、テレビに比べて聞いてる人は圧倒的に少ないですからね。

 

 

 

ちなみに、知らない人のために、
放送禁止になったホクトのCM「立派なキノコ」編


Top