来年の4月に、、、

いやいやいや〜〜

 

 

来年の4月に終了するんですよ。
ついに、終わるんですよ。

 

なにがって。。。
Windows XPのサポートが終了するんですよ。

 

 

XPを使ってて、何かトラブルがあっても、もうサポートしてもらえないんですよ。
自己責任で何とかしないといけなくなるんですよ。

 

ネットで調べたら、XPの発売は2001年11月だったんで
13年と少しに渡って、サポートされてきたんですよね。
息の長いOSだったという事ですね。

 

でも、13年前に発売された古いOSということは、
ウイルス対策も古いわけで、多くの脆弱性が指摘されています。
なので、Windows側では、数年前から新しいOSに切り替えるように
告知していました。

 

ま、メーカー側の理屈だと、そう言う事になるわけですが、
ユーザー側の理屈では、なかなかそうもいかないんですよ。

 

複数のWEBサイトのアクセス履歴を見ると、
IE6からアクセスしている人は、20%あるんです。
IE6は、XPに積まれているブラウザですからね。

 

また、とあるIT関係のアンケート調査では
サポート終了後もXPを使い続ける人・企業も多数あるようです。

 

理由は、買い替えると多額の経費がかかるから、、、との事。
OSだけじゃなく、周辺機器もヘタすると交換しなければならなくなりますからね。

 

 

 

で、古いOSを使い続けるのは別にいいんですけど、
ブラウザをIE6を使い続けるのは、勘弁して欲しいわけなんですよ。

XPでも、IE7やIE8にバージョンアップできるので、
とっととバージョンアップしてほしいんですが、
バージョンアップの仕方がわからないのか、
20%の人がずーっとIE6を使っているんですよ。

 

 

IE6は、WEBページの表示が崩れるんですよね。

昔の、テーブルでレイアウトしていた頃は何ともなかったんですが、
今のようにスタイルシートでレイアウトするのが全盛になると、
IE6のためだけに、めんどくさい処理をしないといけないので
時間がかかってしようがないんですよね。

 

 

でも、20%の使用率があるので、無視するわけにもいかないし。

 

 

なんだかなぁ。。。


Top