雨足が強いけど“七夕”


てか、日本に七夕伝説が入ってきた平安時代は、暦は旧暦でしたから。

今の暦に直すと8月上旬が“旧暦の7月7日”に相当するんですね。そういう意味では、仙台で行われている七夕祭りのほうが、歴史に忠実に行われてるんですよね。

 

その頃は梅雨も明けてるだろうし、電気なんてもちろんないので夜は真っ暗。空には満天の星と天の川がクッキリと見えていた事だろうと思います。

 

7年前の七夕あたりに淀川河川敷で撮影した「しらさぎ先輩」。

 

もうこれ以上、雨降らないでくれ〜。

コメントは受け付けていません。


Top