紅白、ユーミンネタ

NHKさん、今日も紅白ネタを小出しに発表しましたね。

今日発表したのは「私が好きなユーミンのうた」の募集。その歌にまつわるエピソード、ユーミンへのメッセージも募集するとのこと。

 

いや〜、ユーミンですからね。長いですからね。たくさんメッセージが集るでしょうね。で、募集に答えた人はテレビを必ず見ますからね。

視聴率アップに繫がる、いい企画ですね。

 

で、オイラだったら何の歌を選ぶかというと、、、、
あれは、初めてユーミンを聞いた、高校時代のツレの家のこたつの中。。。

 

高校1年か2年の時の12月の期末試験前。
一緒に勉強しようかという名目で、ツレの部屋に3人集まり、こたつに入って本を広げるも、もちろん勉強なんかするはずもなく、バカ話ばっかりしてたんですね。

ツレのこたつの中、いろんな洗濯物を乾かしていたんですよ。
当時、うちでもよくやってましたけど、靴下とかパンツとかタオルとか、冬で洗濯物が乾きにくい時に、よくこたつの中に放り込んでましたからね。

 

で、そのツレのこたつの中の洗濯物のなかに、どう見ても女物のパンツがあるんですね。

引っぱりだして広げてみて「あ、誰のパンツやねん?オマエのか?」
「アホか、俺が履くわけないやんけ。姉ちゃんのパンツや!」

ツレは顔を真っ赤にして、オイラの手から姉ちゃんのパンツを取り上げ、他の部屋に持って行ってしまいました。

 

その時は、それで終わりましたが、
もし今、当時の姉ちゃんのパンツを手にしたなら、、、と、思うと、、、

確かツレより3つ上だったから、当時、姉ちゃんは短大1〜2年。

もうね、なんというか、、、大爆発ですね、確実に。
ああ〜〜、生きててよかった〜〜〜!!!的な。 知らんけど。。。
間違いなく、頭にかぶりますね。ええ。

 

その、こたつの中で初めて聞いたのが、ユーミン(荒井由美)の「やさしさに包まれたなら」。

「この歌、ええ歌やねん。姉ちゃんがええ歌やいうて、買ってきてくれたんや」

 

ああ、あのパンツの姉ちゃんがいいって言うてる歌なんや〜〜。

あれからもう40年経ってますが、「やさしさに包まれたなら」を聴くと、当時のこたつと姉ちゃんの白い木綿のパンツとツレの真っ赤になった顔が思い起こされます。

 

って、こんなエピソード、NHKに送れるかよ。
仮に送ったとしても、読まれるワケないやんか。。。

 

 
→ 2019・亥年の年賀状印刷、最短3日でお届け!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


Top