空飛ぶタイヤ


とある機会に恵まれ「空飛ぶタイヤ」という映画を見てきました。

「空飛ぶタイヤ」という、タイトルだけ見ればファンタジーな印象を受けるんですが、いやいやとんでもないです。原作は「半沢直樹」「下町ロケット」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」などでおなじみの社会派小説の大家である池井戸潤さんなんですね。

 

タイヤ脱落事故と巨大財閥系自動車メーカーのリコール隠しをテーマにした映画なんですよね。その巨大財閥系自動車メーカーのトラックによって事故を起こした運送会社の社長が、巨大財閥系自動車メーカーの闇と戦っていくという企業小説の映画化。

その小説のもとになったのは、言うまでもなく過去に実際に事件を起こしたM菱自動車と、グループ企業のM菱UFJ銀行。

事故の責任をとらされかけて窮地に落ちいる中小運送会社の熱い社長役にTOKIOの長瀬。M菱自動車の課長で車内の不正を暴き左遷される役にディーンフジオカ。他、M菱UFJ銀行の味方役の高橋一生、別の運送会社の熱い担当者の佐々木蔵之介、最後の最後にM菱自動車に捜査に入る刑事役に寺脇康文、、、と、もうイメージがドンピシャのキャストが揃いまくってるんですね。

途中、何度、嗚咽をあげそうになったか。。。

 

実際の社会生活の中では、大なり小なり不正や隠蔽、見て見ぬ振り、、、その他諸々がもうそこら中にあるので、いろいろ考えさせられますよね。

“青臭い”の一言で片付ければそれまでなんでしょうけど、映画の中だけでも心が浄化されていくような気がしました。

コメントは受け付けていません。


Top