目薬を買った!

ここ5年ほど、目薬をさしてるんですよ。

と、ここまで文字を打って漢字に変換する時に、けっこう悩みました。
なので、とりあえず「さす」とひらがなのままにしておいた方が無難なので、そのままにしました。

 

でも、気になったので調べました。
「指す」「差す」「刺す」「挿す」「射す」「注す」「点す」・・・色々ありますよね。

意味から考えると「点す」が正解なのかも。
「点眼」という熟語がありますからね。

なので、無理に漢字に変換するときは「点す」がおすすめだと思います。
が、「差す」とか「注す」で表示してる例もありますからね。

ワケわからんようになりますよ

 

漢字の間違った例が、いつの間にか正しい例にすり替わってる事って、けっこうありますよね。

例えば、法事のときの必需品である「じゅず」。
「じゅず」と打って変換すると「数珠」になりますが、これは間違いが間違いでなくなった例です。
「数珠」の読みは、どう考えても「ずじゅ」もしくは「すうじゅ」ですからね。
なので、本来の正しい漢字は「珠数」なんですよ。

寺院の総本山が集中していて、仏具、とくに「じゅず」の約9割を製造・卸している京都では
「珠数」と表示しているところが多いです。
また、浄土真宗の本山である西本願寺の向かいの地名には「仏具屋町」「花屋町」とならんで「珠数屋町」という地名も現存しています。
だから、「数珠」は間違いで、本当は「珠数」が正しいんですけど、あまりみんなは興味がないみたいで。。。

たぶん、発端は、ワープロを初めて開発したプログラマーが「じゅず」に「数珠」という文字を割り当ててしまったんだと思いますけどね。

「老若男女」だってそうですよ。どう読んだって「ろうじゃくだんじょ」でしょうよ。
なのに「ろうじゃくだんじょ」だと、×をくらうんですよ。
「ろうにゃくなんにょ」って書かないと○もらえないんですよ。

もう、バカかと。いいかげんにしてくれよと。
その時の国語の権威のエラい先生様が舌足らずで「ろうにゃくなんにょ」って発音しただけなんじゃね―のかよ。

 

 

あっと、大きく話が逸れてしまいました。
目薬、ちょっと「シュワー」ッとするヤツがオイラはお好みなんです。目がシャキーンとしますからね。

いちど、織田裕二さんがCMでやってる「キターーーーーー!」のヤツを買ったんですけど、あれはオイラにはキツすぎるわ。

けど、たまにはアレくらい強烈なヤツも目がパッチリしていいんですよね。

コメントは受け付けていません。


Top