新手の詐欺メールが、キタ〜〜〜!!


午後一、オイラのアカウントから発射されたオイラ宛のメールが届きました。
こういうオイラ発オイラ宛のメールって、成り済ましの、いわゆる「詐欺メール」ですから、ほとんど気にも掛けずに削除するのが主なんですね。

たいていのWebサーバに入ってる「sendmail」という仕組みを使えば、
このように他人のメールアドレスでメールを発射する事が容易に出来るんですよね。

ただ、他人のメールアドレスでメールを発射しても、送信元がそのドメインから発射されてないわけですから、主だったプロバイダでは「これは成り済ましの詐欺メール」と判定して、受信せずに自動的に消去されてしまうようになっているので、目に触れる事は少ないようです。

オイラは、ある1つのメールアドレスのみ、そういう「迷惑メールフィルタ」を全て解除し、すべて受けとれるようにしていますので、今日のような詐欺メールも受信する事になります。

ちなみに、メールヘッダで送信元のIPを検索したら、バングラディッシュから送信されてました。
よりによってバングラディッシュとは、、、ぼんくらでしゅね〜。

で、詐欺メールの内容ですが、下記の通りです。

「あなたのシステムからすべての機密情報をダウンロードしました。​」で、おや?っと思いましたが、

「私が発見した最も興味深い瞬間は、あなたのマスターベーションの​ビデオ記録です。」で、吹き出しました。

 

確かに、PCモニターにはフロントカメラはついていますが、そのカメラで撮影される時はランプがつくのでわかるし、第一、カメラの角度的に、オイラの粗末な部分は絶対に見えないんですね。

そして、
「収集したすべてのデータを消去する必要がある場合は、BTC(暗​号化通貨)で550ドルを送ってください。」

 

なんと、仮想通貨で550ドルをBitcoinウォレットに送ってくれとの事。
うは、仮想通貨なんてやった事もないし、やりかたもしらんわ!念のため、550ドルは本日のレートで、約61,763円。微妙。

で、
「この手紙を読み終えてから48時間経っています。」

 

メールの発射時刻から1時間以内に読んでるんですけどね。

そして、全体的に言える事は、日本語がおかしいという事です。
翻訳ソフトの性能がアップし、日本語もほとんど意味が通じるように訳してくれていますが、まだまだおかしいところがたくさんあります。

日本語は世界的にも「もっとも難しい言語」と、よく言われてますけど、
こういう時に「難しい言語で良かったな〜」と思いますね。

 

ちなみに、このメール、本日一斉に発射されているようで、
「RATソフトウェア」で検索してみると、多くの人がこの件についてTweetしてました。

コメントは受け付けていません。


Top