平成最後の紅白歌合戦

いろいろ小出しに発表しますね、NHKさん。
今日の発表で「北島三郎」さんの出演が発表されたそうです。弟子の「北島兄弟」も一緒に出演だそうです。

まぁ、記念すべき平成最後の紅白の特別企画ですからね。
特別企画なら、西城秀樹さん絡みでも良かったと思うんですけどね。新御三家でCG合成とかで歌ったなら、かなり盛り上がるでしょうに。

でも、この発表の影で、W田アキ子さんとかk林幸子さんの心情をお察ししますよ。こういう人選って難しいですよね。会社の人事発表も、似たような事がよくありますが・・・。

オイラは「紅白でこれを聞かなきゃ1年が終わらない」という歌があります。
石川さゆりさんの「天城越え」です。この迫力は、まさに紅白でこそ似合うと思うんですよね。

石川さん、ここ10年ほどは「天城越え」と「津軽海峡・・・」を毎年交代で歌ってるんですよね。他にも持ち歌がいっぱいあるのに、この2曲だけ。

でも、しょうがないっすよね。
1年の締めくくりの場で聞きたいのは、やはり代表曲ですもんね。「天城越え」と「津軽海峡」ですもんね。

 

 

紅白、一番古い記憶では、小学校低学年の時に、こたつでみかんを食いながら「ブルーシャトー」とか「黒い花びら」を見ていたのをハッキリと覚えています。もちろん、白黒テレビ。ブラウン管前にはレースのカーテン付きw

その頃は、見てても全く面白くなかったんですよね。
イヤ、今でもあまり面白くないんですが、なんか決まり事のように、こういう昔からの続いている習慣って、守らないと、続けないと意味が無いのかな、、と思ってずっと見ています。

大晦日の晩は、風呂に入ったあと、新品のパンツとシャツとパッチを履いて、こたつに入って必ず紅白を見る!そんな習慣をずっと守ってましたから。

 

今はもう、新品のパンツなんか履かないし、こたつもここ数年出してないし、夕方あたりからチビチビ飲んでるので、風呂も入らずゴロンと横になってるんですが、紅白だけは欠かさず見てますね。

そんで、今年は紅組司会は広瀬すずちゃん!!!!!
もう、何があっても、天地がひっくり返ろうとも、万難を排してでも、停電しても、、、
 

 
→ 2019・亥年の年賀状印刷、最短3日でお届け!

コメントは受け付けていません。


Top