平成最後の・・・

平成最後の「勤労感謝の日」が終わって、次の連休は平成最後の「秋分の日」ですね。

その後、平成最後の「体育の日」や、平成最後の「文化の日」等が続く。その前に平成最後の「ハロウィン」もありますね。んで、平成最後の「天皇誕生日」があって、平成最後の「クリスマス」、平成最後の「大晦日」。

もう、何でもかんでも「平成最後の・・・」というキャッチフレーズがつきますね。

政府は平成31年の2月24日以降から4月1日の間に新元号を公表し、5月1日から切り替わると発表しています。つー事は、平成31年の4月30日の23時59分59秒が、まさしく平成最後の瞬間となるわけなんですよね。

この瞬間にジャンプし、5月1日の0時0分1秒あたりに着地すると、
「俺は、元号が変る瞬間に、地球上におらへんかったんやで。すごいやろ〜〜」と、自慢出来るわけですよね。

もっというなら、今はみんながスマホ持ってSNS全盛ですから、カウントダウンみたいなイベントでめっちゃネットが盛り上がるんでしょうね。

 

 

新元号は何になるんでしょうか?
年が明けたら、この話題もいっきにヒートアップするんでしょうね。
いや〜、楽しみです。

識者の間では「新天皇が即位されてから元号を発表するのが筋だ」とか、
「早く公表すると、国民の関心が新天皇に向かい、いまの天皇陛下を軽んじることになりかねない」という意見もあるんですね。

確かに、それも正論。
でも、ありとあらゆるものの変更、印刷物の手配、とくにネットワークシステム関係の修正など考えた時に、少しでも早く公表した方が、いろいろスムーズに事が運ぶ事も事実。

 

世の中の混乱・停滞がちょっとでも少なくなるように考える方が得策ではないかと。。。

なんなら、今日明日にでも公表してもいいんでないかい?なーんちて。

コメントは受け付けていません。


Top