小寒


今日、1月6日は、二十四節気の「小寒」。

暦の上で寒さが最も厳しくなる時期の前半とのこと。1月20日の「大寒」に向けて、もっとも寒くなるんですよね。

 

で、冬至がすぎて2週間あまり、日の長さは少しずつ長くなってきていますが、日の出はこの1週間ほどが最も遅いんですよね。これは公転に対する自転の角度と地軸の角度の微妙なズレ等が関係してるのでしょう。

うまく説明出来ないですが、そんな感じなんでしょう。

 

正月気分も今日でおしまい。
〆の酒を飲むぞ〜〜〜!

コメントは受け付けていません。


Top