医療用医薬品:アビガン


一般名:ファビピラビル。製剤名:ファビピラビル錠。薬効分類名:抗インフルエンザウイルス剤。

富士フイルム株式会社のHP(4/15付)で、「新型コロナウイルス感染症向けに抗インフルエンザウイルス薬「アビガン錠」の生産を拡大」とのニュースリリースを掲載しています。

 

HPによると、

「国内では抗インフルエンザウイルス薬として製造販売承認を取得している薬剤で、ウイルスのRNAポリメラーゼを選択的に阻害することでウイルスの増殖を防ぐというメカニズムを有しています。このようなメカニズムの特徴から、インフルエンザウイルスと同種のRNAウイルスである新型コロナウイルスに対しても効果が期待されており、既に臨床研究や観察研究の枠組みの中でCOVID-19患者に対する「アビガン」投与が開始されています。日本政府は、COVID-19がますます拡大する中、緊急経済対策の1つとして「アビガン」の備蓄量を200万人分まで拡大することを決定しました。」(一部抜粋)

 

マスコミ各社の報道においても「アビガン投与2週間で重症者6割、軽症者は9割に改善する傾向がみられた」との日本感染症学会特別シンポジウムの報告が掲載されています。

スゴいです。スゴいの一言です。

まだまだ検証が必要なようで、この薬で全て解決と言い切るにはデータが足りないそうですが、効果が期待できる他の薬と合わせて治療の選択肢を増やせるようになることが望ましい、、、との事です。

 

このアビガンは「ウイルスのRNAポリメラーゼを阻害する」が特長だそうです。詳しい事はオイラにはさっぱりわかりませんが、RNAという言葉は、高校の時に生物の授業で習いました。RNA=リボ核酸の事ですよね。懐かしい言葉です。リボ核酸とかデオキシリボ核酸とか、丸暗記してテストに臨みましたよ。そのリボ核酸が新型コロナウイルスをやっつける要因になっているんですね。

リボ格さんだけでなく、リボ助さんとも協力して、助さん格さん揃い踏みで、早く悪者をやっつけてほしいと願っています。

リボ格さん、頼んますね!

コメントは受け付けていません。


Top