ヘリポート


大阪駅前の高層ビルには、屋上にほとんど「ヘリポート」が作られているんですね。「H」マークが書かれているのがそれです。これとは別に「R」マークが書かれた、よく似た施設も作られていますが、これはヘリポートではありません。

GoogleMapより

 

「H」マークは、Heliportの頭文字からとったもので、許可申請を受けたヘリコプターが離着陸することを許されています。一方、「R」マークはRescue(レスキュー)の頭文字を取ったもので、緊急救助スペースという意味です。ヘリコプターは「R」マークの上でホバリングしながら救助を行います。ヘリコプターの離着陸に建物が耐えられなかったり、安全に離着陸できる広さがない場合は「R」マークになるようです。

 

へぇ〜〜〜、知らんかった。。。

けど、こんな高層ビルの屋上にヘリポートがあっても、こんな場所に着陸するのって、操縦士の人も怖いでしょうね。ましてや、着陸せずにホバリングなんて、もうガクブルの世界ですよ。高所恐怖症のオイラには、たとえ1億円くれると言われても、こんなビルの屋上に着陸したりホバリングしたりするのは無理です。辞退します。

 

淀川河川敷にあるヘリポート

でも、淀川河川敷にある、地面の上に作られたヘリポートなら、1億円どころか100万円でも10万円でも離着陸しますよ。ただし、免許を持ってません。

ちっくしょーーー!

コメントは受け付けていません。


Top