つま恋から、もう13年もたったんだが…


中学の時だっけ。

ギターで必死に練習したのが、当時の王道とも言える吉田拓郎御大の「今日までそして明日から」。ツレが買ってもらったばっかりのフォークギターを学校に持って来て、放課後、教室で演奏会が始まるんですね。

コードはとても簡単なんですが、ハンマリングというギター奏法のテクニックを入れると、とたんにウマく聞こえるのがこの「今日までそして明日から」。

 

 

なんで、突然にこの歌かというと、今日、出先を歩いていた時に、商店街でこの歌が流れていたんですよ。それからは、アタマの中でこの歌が鳴り止まないんですよね。

で、家に戻って来て、YOUTUBEで検索して探し出したのが、2006年開催のつま恋コンサートでの「今日までそして明日から」。40数年前の中学の時は普通にいい歌だと思っていたこの歌、今聞くと、ものすごく歌詞が染みるんですよね。

なんという、深い歌なんだと。。。

 

拓郎先生、最近はとても痩せて急激に老け込んでおられるようで、ちょっと心配です。
オイラの神様なので、もっともっと元気でいて欲しいです。

コメントは受け付けていません。


Top